« 新しい畑 | トップページ | ノウゼンカズラ »

2008年7月 7日 (月)

深夜、激しい雷鳴

 

 深夜、激しい雷鳴が続いた。早朝窓を開けるとやはり大粒の雨。それでも光兎山の影は白い靄を背景にくっきり見えている。今日そこに登ると言っていた二人、

 後悔しない生き方をするなら、もっと早く今の仕事は辞めるべきだった。今となっては難しくなったが、このままで良いわけでもない。こういう類の屈託ももう沢山になった。

|

« 新しい畑 | トップページ | ノウゼンカズラ »

追認」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深夜、激しい雷鳴:

« 新しい畑 | トップページ | ノウゼンカズラ »