« そのゆえんは。 | トップページ | 感傷が邪魔をするのでなく »

2009年3月16日 (月)

 ギャーゴーギャーゴーと猫の発情期、グリアーグリアーと喧嘩も始まれば、前の家の犬がそれを聞いて吠え始め、家の中の犬も唱和する。日中ならいいが、夜中なら私は棒を持って外に飛び出し、騒音の元となっている二匹の猫を追い払う。
 猫を飼っていない私の家の周りにどうして猫が集まるか。それは一匹の若い雌が私の家の作業所(阿賀北通信で度々写す屋根)をホームグランドにしているからで、その猫はTの所有である。幼馴染でいとこのTはとても猫好き、沢山の猫を飼い、面倒を見ているが、ある時そのうちの一匹が私の家の小屋(これも紹介済み)でお産をし、大きくなったので自分の家に引き取ろうとしたところが、既住の猫たちに受け容れられず(いじめられ)、敢え無く現在の状況になったと聞く。毎夕、餌を入れたボールを持ってくるTの足元にその猫がまとわりつく。つづく

 

|

« そのゆえんは。 | トップページ | 感傷が邪魔をするのでなく »

犬に如かず、虫に如かず」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« そのゆえんは。 | トップページ | 感傷が邪魔をするのでなく »