« 唯一の自由は | トップページ | 手を振るだけ »

2010年1月20日 (水)

かま猫だったか

 身の周りのだれかのことをなんだかんだ言って時間を過ごす。これは多分社会的人間の性というか業というか、自然で仕方ないことでもあり、色んな意味で自浄作用的なことかもしれないから否定的には考えていない。だだこれが自分と自分の周りだけでなく、地球のいたるところ、南極の基地でもエスキモーの氷の家の中でもコートジュボアールの井戸の周りでも同じようだと想像すると頭が痛くなる。宮沢の童話なら最後にライオンが出てくるなあと思う。「なにをしてるんだ。こんな裁判所(?)やめてしまえ」かま猫はいつ泣きやんだっけ。

|

« 唯一の自由は | トップページ | 手を振るだけ »

厠の鼠」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かま猫だったか:

« 唯一の自由は | トップページ | 手を振るだけ »