« 自分では | トップページ | ニッコウキスゲ(蓬峠) »

2011年7月20日 (水)

蓬峠

 急峻な岩山、大源太山を越えて、七ッ小屋山に着く。そこから汗も引くような別世界を歩く。見渡すかぎりなだらかに広がる笹の原、そこに引かれた一筋の登山道はニッコウキスゲに縁取られ、その花道を進めばミヤマリンドウ、イブキトラノオ、ハクサンフウロ、キオン、サワヒヨドリ、コシジシモツケらも迎えてくれる。ここは、上越の境、昭和の初めまで人々はここを越えて日本海に臨み太平洋を見た。清水峠、蓬峠、どんな人生の途中でここを通ったのか。人はなぜ自然の美しさに感動できるのか。ずっと恋い続け、そして厭きもせず、歩き続けて。確かに屈託も忘れて。
Img_0002_6

|

« 自分では | トップページ | ニッコウキスゲ(蓬峠) »

雲の湧く稜線に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蓬峠:

« 自分では | トップページ | ニッコウキスゲ(蓬峠) »