« 夢十夜の第八夜か | トップページ | 梅 »

2011年9月27日 (火)

生きた証

 ロープウェイに乗って140分で着く頂。どんな山でも哲学的で形而下的だ。そして健康に感謝する機会でもある。七月に登った清水峠が遠望できた。経験は心を少しだけ豊かにする。極く少しだけ。稜線を縁取る青空はきれいだ。永遠で刹那。一瞬で永劫。私がここに生きた証は何もない。ただその空を見ただけ。
Img_0002_18

|

« 夢十夜の第八夜か | トップページ | 梅 »

雲の湧く稜線に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生きた証:

« 夢十夜の第八夜か | トップページ | 梅 »