« 杁差と砂山 | トップページ | 夢十夜の第八夜か »

2011年9月27日 (火)

山の麓で犬と暮らしている

 疲れているからかすぐ眠ったが、眠ってすぐ夢で目が覚めてからは寝て覚めてを繰り返した。サイドブレーキを入れたまま走って、気づいた後の後味の悪さみたいな夢もあった。いろんなことを考えていたら眠れなくなったと一週間も前父が言っていた。いろんなことは容易に推測がつく。昨晩目覚めては考えたのも多分父と同様のいろんなこと。この家のそう遠くない未来のことだろう。父に罪も無い。今更私が悪いと云っても仕方ないので従容とするしかないが、父にすれば暗澹たる気持ちになって眠れなくなるのだろう。忌野清志郎の歌に「山の麓で犬と暮らしている」と云う歌があった。そういう平安は、諦観と平安は訪れないか。

|

« 杁差と砂山 | トップページ | 夢十夜の第八夜か »

同じ歌を歌う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山の麓で犬と暮らしている:

« 杁差と砂山 | トップページ | 夢十夜の第八夜か »