« 異形を晒す | トップページ | 雲に折れる »

2011年12月 7日 (水)

浅間山

 陰鬱な故郷の空の下を抜け出て群馬に出ましたがやはり雨でした。いつもなら国境の長いトンネルを通り抜けると別世界のような青空が広がるのですが。信州もまた雨は止みません。それでも明日明後日は晴れの予報、小布施の北斎館、善光寺近くの東山魁夷の美術館にも寄って、宿を取った小諸に向かいました。
 どの駅で降りても、そこには人がいて町があり生活がある。いつか降りようと思いつつ思い切れないまま列車に乗り続ける、そういう人生であったかもしれません。町の灯だけ通り過ぎる夕闇の中に自分の顔ばかりだんだんはっきり浮かんでくる。遊子の悲しみは、いやさ潮来の伊太郎のそれはいつの世も同じです。

浅間山は今も噴煙を上げる活火山で、その頂までは行けませが、砂礫と氷を踏みしめて、その異形の姿を仰ぎました。青い空に映えて美しい。異形、嘘を隠し通せる孤独な魂。

Img_0001_26

|

« 異形を晒す | トップページ | 雲に折れる »

雲の湧く稜線に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浅間山:

« 異形を晒す | トップページ | 雲に折れる »