« 観音峰 | トップページ | 理由なら »

2012年1月22日 (日)

雷峰

 予報は曇りで風は弱い。特に昼過ぎから「0m静穏」。この「静穏」なんて説明は初めて見たので心が動いた。昨日と同じ中束を6:20発、新雪は登るにつれ深くなり、昨日の足跡を消していた。それでも観音峰まで3時間は昨日と同じ。アイゼン、ピッケル、食糧など荷物が増えたことを思えば順調なタイム。観音峰から雪庇に注意して進むと雷峰の上りで雪の深さが増し本格的なラッセルになる。雷峰頂10:20 このペースなら12時には山頂に着けると計算して慎重に進む。ここからの尾根が一番要注意だと思っていたが、案の定「姥石」の先の痩せ尾根についた雪庇がどうしても通れない。今にも落ちそうな雪庇の上は股までのラッセル、反対側はどこまで落ちるか分からない谷。左の斜面を巻こうと下り始めたが、深い雪と藪、上にはいつ落ちてくるか分からない雪庇。迷った末にここで断念した。ここを抜ければ山頂までもう30分も掛からないのにと思えば後ろ髪引かれる思いだったが、仕方ない。体力も時間もあったが、勇気と知識と技術がなかった。困難に背を向けた敗残者の気持ちになれば帰り道は長かった。そしてこんなことが僕の人生には多かった。
(写真手前雷峰から光兎に続く尾根の中、右上に
どうしても越えられなかった尾根が見える。)車に戻って帰ろうとすると、中束の集落の方からふらふらと(僕もそんな足取りであったろう)派手なオレンジ色の服を着た人が歩いてきた。良く見ると肩に鉄砲を担いでいる。そういえばさっき林道を歩いている時鉄砲と思われる音が一発鳴り響いた。彼の仕業のようだ。今の時期なら兎ぐらいだろう。兎を狙ってズドンといったのだろうが、手ぶらであるところを見れば外れたようだ。私の他にもう一台、路肩に停めた車があったが、それが彼の車なのだろう。(追記)派手な服は推測したとおり誤射を避けるために敢えて着るのだそうだ。また、散弾銃というのは標的から離れると弾と弾の距離が広がって、当たる確率も低くなるそうだ。飛んでいる鳥なんかはその速さを考慮して撃たなければならない、と仕事場の専門家に教えてもらった。
Img_0001_70

|

« 観音峰 | トップページ | 理由なら »

雲の湧く稜線に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雷峰:

« 観音峰 | トップページ | 理由なら »