« 柏崎潮風マラソン | トップページ | ウォームアップも10分で止めていた »

2012年5月22日 (火)

小さなザックで眼鏡で

 小さなザックを背負って斜面を下っている。遠くにまだ雪のある山が見え、どうもそこに登るらしい。けれども眼鏡をしていて、はっきり見えない(普段はコンタクトで、寝る前と朝は眼鏡をしている。眼鏡は読書用で、遠くはよく見えない)。家に戻ってコンタクトに替えてこようかとも思ったが、写真が撮れればいいと思い、そのまま集落に入る。この集落のどこかに登山口があるはずだが、前を行く四、五人のパーティに聞く気にはならず、歩いていくとガイド本の中にあった大きな看板が見える。ここで間違いはないと進んでいくと一軒の雑貨屋があって、登山口を聞こうとためらわず入っていく。中で世間話をしていた三人の内、二人が店を出ていく。一人は店のおばさん、二人は近所のおばさんのようだ。私が話を中断させ、解散するきっかけを作ったようだ。

|

« 柏崎潮風マラソン | トップページ | ウォームアップも10分で止めていた »

たった今見ていた夢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小さなザックで眼鏡で:

« 柏崎潮風マラソン | トップページ | ウォームアップも10分で止めていた »