« 決して彼女のせいでなくて | トップページ | そうして雨になる »

2012年9月19日 (水)

鯖缶ソーメン

  大井沢からの帰り、風呂上がりに売店でノンアルコールビールを見つけた。それがあんまりおいしかったので、途中のコンビニで買って、また寄ったコンビニでまた買った。計三本、なにか特別な感じ。よっぽど水分がなくなっていたと思われるし、酔わないからいくらでも飲める。鯖缶も思い出して、ひとつ買って、帰ってから今日まで三晩連続、ソーメンを食べている。つゆに鯖缶を入れて食べるのは本当にうまい。もう一回分、四分の一、鯖缶が残っているので明日も帰ってきてからソーメンを茹でるだろう。
 奥穂の個室と二ツ峰のジンダケと鯖缶ソーメン。健康なうちは人生も悪くないのかも。

|

« 決して彼女のせいでなくて | トップページ | そうして雨になる »

雲の湧く稜線に」カテゴリの記事

コメント

今年の春、スパーで鯖缶(水煮)を見つけ、無性に食べたくなり思わず2個買ってしまい、家に帰って直ぐ食べました。その後も時々買うようになりました。私は、醤油をかけてご飯の上に乗せて食べることしか考えていませんでした。そこに、ソーメンのつゆに入れて食べると美味しいとのこと。読んで直ぐ試してみたいと思って何日か過ぎ、今日のお昼にやっとその機会にめぐまれ、食べてみました。本当においしいです。つゆは当然醤油より味が薄いので、鯖を口に入れた後、少しつゆを飲んでさらに美味しく感じる。2度楽しめました。私事ですが学生時代も今と同じく貧乏な生活をしていました。でも鯖缶のお蔭で生活できました。米と梅干しとお茶は家から送ってくれていたため飢えることはなかったのですが、当時鯖缶が40円でした。とりあえず40円あるとまともな(?)食事ができました。雑貨店に鯖缶1個だけの買い物を何度もしました。魚が何でも高くなっていく今日このごろですが、鯖缶(水煮)には高くならないで欲しいです!
それと本もう少し貸しておいてください。

投稿: 布留川 | 2012年10月 2日 (火) 18時26分

ここに書いたかどうか定かでありませんが、中学校位まではその鯖缶が一週間に何度かおかずとなりました。夕方になって夕食のおかずが無いと、鯖缶買ってこいというのです。同じ集落に雑貨屋があったから買うのはすぐでしたが、六人で二個なので一缶を三人で分ける勘定です。でもまあ、今思えば賑やかで良かったことは確かです。本はいつまででもお貸しします。

投稿: | 2012年10月 2日 (火) 19時42分

私たちの年代以上の人達には、けっこううなずいてもらえるかもしれませんね。本のことありがとうございます。

投稿: 布留川 | 2012年10月 2日 (火) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鯖缶ソーメン:

« 決して彼女のせいでなくて | トップページ | そうして雨になる »