« 十月朔日 | トップページ | 同じ情熱 »

2012年10月 4日 (木)

二百の岩魚

 どんなふうにも生きれたと思ったり なるようになっただけと思ったり
 結局 どう考えれば 諦めがつくかということらしい
 せめて争わないで生きたいと思えば 人と離れて生きるしかない
 焼かれるのも腐るのも嫌だと思えば 
 今年の夏の梶川の尾根や 二ツ石から狐穴に続く尾根の暑かったこと
 それも幻 けれどもまたいつか会いましょう そういつも私らは言う そういつも笑って言う
 出合の沢から三時間の急坂を登ってきた男は 一日平均百の岩魚が釣れるとやや興奮気味に私に話した
 天狗角取山の頂で 私はただ二日で二百のその岩魚をどうしたのかと思ったけれど 聞く機会なく山を下った 全部食べたならもっとすごいと思いながら
 岩魚もまた焼かれたり腐ったりだ 

|

« 十月朔日 | トップページ | 同じ情熱 »

好きな話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二百の岩魚:

« 十月朔日 | トップページ | 同じ情熱 »