« 山に登る人、登山人は槍をめざす(槍ケ岳概論) | トップページ | クサギ »

2013年8月 8日 (木)

槍ケ岳

  雲が出ないうちにと思えば、見え始めてからも遠かったが、天候に恵まれ、健康にも恵まれた同行者全員が頂上に立てたことに感謝する。そして大喰岳、中岳、南岳の小屋まで歩いて、ここは25年も前通ったはずだが、その記憶はほとんどなく、わずかに残っている写真を記憶と思うだけだ。夕刻、食事が終わって外に出てみると、あの時越えていった大キレットから奥穂までの尾根が見えた。いろんな事は思うが、わずかなことも語れない。三日目、槍ケ岳は一度も姿を見せず、一行は天狗原に下って、来た道を帰った。

Img_0001_89
Img_0001_83
Img_0001_84
Img_0001_92
Img_0001_85
Img_0001_91

|

« 山に登る人、登山人は槍をめざす(槍ケ岳概論) | トップページ | クサギ »

雲の湧く稜線に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 槍ケ岳:

« 山に登る人、登山人は槍をめざす(槍ケ岳概論) | トップページ | クサギ »