« 使わないのに減るもの | トップページ | 二足の草鞋で »

2014年2月26日 (水)

風呂敷包を背負って

大概の夢はすぐ忘れてしまうのにとKさんは言う。誰でも同じらしい。そして稀に忘れられない、いつまでも覚えている夢がある。高い壁に大きな風呂敷包を背負った人が登っていて、ドスンと落下する。助けに近寄るとYSさんだった。我々山の同好会会長だったが、一昨年滑落して亡くなったひと。「SさんSさん大丈夫ですか」と声を掛けると「いや俺はSさんではない、Tだ」と言って、落下したダメージは一切ない様子。でもやはり浅黒くて二枚目の顔立ちはSさんなので「Sさんですよね」と改めて聞くと、やはり「いや俺はSさんではない、Tだ」と言うのだそうだ。そして、ピューと遁走したとか。

高い壁から落ちるのは、Sさんの事故現場のイメージが惹起したものなのか、あるいは半年前から始めたクライミングのせいだろうか。「それは確かにYSさんだったのか」と聞くと、どう見たってYSさんだったとKさんは言う。

|

« 使わないのに減るもの | トップページ | 二足の草鞋で »

たった今見ていた夢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風呂敷包を背負って:

« 使わないのに減るもの | トップページ | 二足の草鞋で »