« 季節なら | トップページ | 長峰か剣か »

2014年4月 3日 (木)

守門岳

 守門岳は大規模な雪庇ができることで有名だ。一昨年新発田の小林さんのブログを見て食指を動かしたが、日帰りでは遠い。更に夏道と違って行程が長い。だから綿野舞さんが提案しなければなかなか行けなかっただろう。詳しくは「綿野舞」参照
①除雪の最終地点から登り始める(7.15)この光景はネットで何度も見ていた。

Img_0001_33
②しばらく歩くと正面に守門(大岳)が見え始める。
Img_0002_6
③先ずは長峰までの登り。これが2時間くらいあり、冬道の余分な行程だ。
Img_0001_34
④長峰から保久礼小屋のある鞍部に下る。
Img_0001_35
⑤保久礼の小屋(9.30)。夏なら近くまで車が入り、ここから3時間弱で大岳だ。
Img_0001_36
⑥ここから急登が始まる。
Img_0001_39
Img_0002_7
⑦KINを黙らせ急登が続く。JUNを黙らせ急登が続く。
Img_0001_40
⑧雪庇が見えてきた。
Img_0001_41
⑨大岳頂上12.25(青雲、袴岳の雪庇)
Img_0001_43
⑩中津又岳の方の雪庇と粟ヶ岳
Img_0001_42
⑪風を避けて、下りた所で昼食13.00~14.00
Img_0001_44
⑫下山中、長峰で。
Img_0002_8
⑬ほぼ先憂後楽登山。夕暮れの中到着。17.20
Img_0001_45

|

« 季節なら | トップページ | 長峰か剣か »

雲の湧く稜線に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 守門岳:

« 季節なら | トップページ | 長峰か剣か »