« どんぐりとノコンギク | トップページ | 回顧 »

2014年9月20日 (土)

北岳

どの道も一度か二度は通ったはずだが、三十年も前のことだからほとんど覚えていなかった。蘇る記憶も

ない。人の多さと、花の多さに、もう秋だというのにと驚いただけだ。初めて見た花も多かった。わずか

に一株Yが見つけたヒメセンブリ、二株返り咲いていたタカネビランジ、今が盛りと錯覚するようなミヤ

マハナシノブ。特記すべきことは大樺沢の下りでその花に見とれてわずか2m程度の崖ではあったが、登

山道を踏み外したことだ。踏み外して滑り落ちた。場所が悪ければ滑落死する。56歳、中高年のありふれた遭難。経験は寡黙にさせる。人の事は言えないということだ。

Img_0001_34

白根御池のテント場と白鳳三山

Img_0001_36

肩の小屋のテント場。左甲斐駒、後ろに八ヶ岳。二回目の北岳ではここで泊まっているが記憶は全く蘇

らない。

Img_0001_35

頂は賑やかだった。

Img_0001_37

3日目、北岳トラバースから見た北岳山荘と間ノ岳(左奥)

Img_0001_38

北岳と白馬に咲くミヤマハナシノブ



|

« どんぐりとノコンギク | トップページ | 回顧 »

雲の湧く稜線に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北岳:

« どんぐりとノコンギク | トップページ | 回顧 »