« 回顧 | トップページ | 咲く限りは »

2014年9月23日 (火)

農鳥へ

 60から始めて、腰の骨を二本折って、真っ直ぐには伸びない背中を曲げながら、ゆっくり、のろのろ、農鳥の小屋に向かう老婦人。去年奈良田から農鳥まで来たから、今年は北岳から農鳥まで行って、白根三山を結ぶのだという。失礼ですがと聞けば67歳。80くらいにも見えたが、ケガは見た目を老けさせる。わずかな荷物も重そうで、わずかな距離も遠く見える。でも、ただ只管歩く。休まないで歩く。三時はとうに回ろうが、農鳥の親父もさすがに文句は言わないだろう。

|

« 回顧 | トップページ | 咲く限りは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 農鳥へ:

« 回顧 | トップページ | 咲く限りは »