« そんなに大事な | トップページ | ひとり駅伝 »

2014年10月22日 (水)

火打、妙高

広い駐車場は既に全国から来た車で埋め尽くされていたが、山に入ってしまえば静かだ。テント泊の荷は重いが、今が盛りの黄葉がそれをいくらか軽くする。
Img_0001_56
十二曲がり
Img_0001_64_2
富士見平を過ぎると火打が見えてくる。
Img_0001_65
テントを張って昼食、そして火打に向かう。
Img_0001_67
天狗の庭で。
Img_0001_55
火打の途中、振り返ると妙高
Img_0001_71
山頂!
Img_0001_61
天狗の庭まで戻って
Img_0001_70
テント場とヒュッテ
Img_0001_72
夕食----煮込みうどんと焼肉
Img_0001_73
2日目--暗いうちにテントを畳んで、茶臼山の登り、振り返ると朝日に染まった後ろ立山
Img_0001_74
黒沢池とヒュッテ
Img_0001_75
大倉乗越で、火打と綿野舞さん。
Img_0001_76
妙高山頂!
Img_0001_77
火打-影火打-焼山-金山----これはいつか言わなければと思っていたが、綿野舞さんの髪型は井上陽水のそれと酷似している。もちろん自然の成り行きだろうが。
Img_0001_62
ここから見える山は全て登ったと言う単独行のおばちゃん。我々の先達と言うべきだろう。
Img_0001_79
戻りの大倉乗越で
Img_0001_80
Img_0001_81
ヒュッテまで戻って昼食。池田さんは手を洗っている。
Img_0001_83
そろそろ終点も近づいた。
Img_0001_82
Img_0001_84
二日間、大袈裟に言えば一片の雲さえ見えない晴天だった。

|

« そんなに大事な | トップページ | ひとり駅伝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 火打、妙高:

« そんなに大事な | トップページ | ひとり駅伝 »