« 黎明犬 | トップページ | 丹沢山  »

2014年12月11日 (木)

俎倉 晩秋と初冬の間2014/11/24

近くの山のほとんどは最初一人で登っている。土日は仕事で平日の休みに登るのが常だったから賑やかな山にぶつかることはない。大体は静かな、淋しい山行である。そんな時期に熊と遭遇しなかったのは幸いであった。俎倉も最初は1人で登った記憶がある。陰鬱な杉林を通り、ブナの急斜面を登ったところで稜線に出て、突然視界が開ける時の感動は、他の山にといっしょくたになっているけれども、俎倉でも感じたに違いない。目の前には蒜場、その左奥に白くなった北股。加治川を隔てて焼峰。二王子がその稜線からわずかにのぞいている。「集まり散じて人は変われど」山は相変わらずそこにある。
①久しぶりに参加の本準さんが嬉しそうだ。
Img_0001_96
②先頭を歩き、写真を撮る余裕もある。
Img_0001_97
③滑り易い鎖場も越えて
Img_0001_98
④尾根に出る。目の前に蒜場。
Img_0001_99
⑤俎倉頂上。蒜場と北股
Img_0001_94
⑥天狗の庭に向かう。
Img_0001_101
⑦天狗の庭
Img_0001_102
⑧昼食。池田さんの焼肉(又作のスタミナ)
Img_0001_104
⑨名残を惜しんで下山となる。
Img_0001_103
けれども本当の感動のドラマは下山時に待っていた。「不屈のボクサー、俎倉のジュン」の物語は、画面の端で微笑む本人も夢想だにしなかったであろう。

|

« 黎明犬 | トップページ | 丹沢山  »

雲の湧く稜線に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 俎倉 晩秋と初冬の間2014/11/24:

« 黎明犬 | トップページ | 丹沢山  »