« 教訓はない、そういうものだと | トップページ | 知らないのは幸せの証 »

2015年1月31日 (土)

ヤマエンゴサク

 無数の夢を見ているのだろうが、朝まで覚えているようなものは少ない。眠りを覚まして、容易に眠らせない、暗澹とした思いをさせる夢を書くこともない。
 体育館のような広い会場でなにかイベントの準備をしていて、概ねできた時に、ちょっと不足気味の男が硬式のテニスボールを窓の外に投げた。それは準備の上でなくてはならない物だったので、僕は「取ってこい」と怒って言った。どうも事態が分からないというような顔で僕を見ているので、更に語気を強めて「取ってこい」と怒鳴った。そのボールがどういう風に必要だったのかは覚えていないが、彼は外に走って出ていって、拾ったボールを窓目がけて投げ入れようとする。すると周りの人間もそれを真似てボールを拾って窓目掛けて投げる。本来はひとつのはずなのに色々なボールが沢山散らばっていたのだ。僕はそれを手で受けて取ろうとするがなかなか窓枠には飛んでこない。すると二つに同時にうまい具合に飛んできたのがあったが、取りそこねて二つとも下に落ちていった。僕がキャッチする必要はなく、中に入ってきた物を拾えば良いと気付き、自分が邪魔をしたことを後悔する。場面は進んで、会場をブースごとに仕切るためのカーテンを張っている時、カーテンを吊るしているロープを外している、これもちょっと不足気味の男がいて、これにも同様に大いに怒った。外したロープをこれも外に投げたようなので、「取ってこい」と怒る。窓の外を見ると、さっきとは違って、左に垂直な自然の崖があり、ここを登ってくるのは難しそうだ。その崖は紫に染まっていて、良く見るとヤマエンゴサクがびっしりと咲いているのだった。後で写真を取りに行こう、暗くなる前には準備も終わるだろうと思い、不足気味の男に少し感謝する気持ちになる。
 夢には色が無いと一般的に言われている。色付きの夢を見るのは異常な部分があるとも。でも結構見る。夢に色がないというのはあまり夢を見ない人の根拠のない戯言だろう。でも、好きでも嫌いでもないヤマエンゴサクなのかは不思議だ。唐突過ぎる。

|

« 教訓はない、そういうものだと | トップページ | 知らないのは幸せの証 »

たった今見ていた夢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤマエンゴサク:

« 教訓はない、そういうものだと | トップページ | 知らないのは幸せの証 »