« 二王子岳20150412 | トップページ | 20150426二王子岳 »

2015年4月21日 (火)

日向倉山

 午前中は酔い痴れるような満開だったバイパス沿いの桜並木が、午後になって吹き出した風でだいぶ散り始めていた。散った花弁が所々で溜まって、桃色の帯になっている。花見の企画も無かったが、やっと来た春にやっと咲いた桜が、あっと言う間に散るのを見れば、花見もしないうちにと、切ないような気持になる。けれども残雪の山なら、なるべく登ったのだ。本当なら一週間に十日くらいは登りたいところだけれど、身過ぎ世過ぎで口を糊する下級官吏の身の上なら仕方ない。桜吹雪の中に一昨日登った奥只見の山を見るだけだ。
荒沢岳を背負いながら急登を1時間。
Img_0001_20
稜線に出ると素晴らしい景色、左から荒沢岳、中ノ岳、越後駒ケ岳。万歳だってしたくなる。
Img_0001_21
Img_0001_23
後ろは荒沢岳
Img_0001_24
頂上まであとひと登り
Img_0001_29
約2時間半で、頂上
Img_0001_25
頂上の藪陰で昼食、後ろは未丈ヶ岳、そして毛猛山。
Img_0001_26
登ってきた尾根を下る。
Img_0001_30
最後の下りを前に日向倉を振り返る。
Img_0001_27

|

« 二王子岳20150412 | トップページ | 20150426二王子岳 »

雲の湧く稜線に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日向倉山:

« 二王子岳20150412 | トップページ | 20150426二王子岳 »