« 蝶ケ岳①徳澤 | トップページ | 乗鞍岳 »

2015年8月31日 (月)

蝶ケ岳②

  燕岳から大天井、常念、蝶と幕営三泊の縦走したのは五年前。天気に恵まれ最良の山行になったが、特に蝶からの槍穂の眺めは圧巻だった。上高地絡みの山群の中で、比較的登り易いこの山に、その後、何度か残雪の連休に計画を立てたが、予報を見て他の山域になった。蝶ケ岳、槍から穂高に至る山の仔細を目の前に見る特別な山。登山人なら二度三度と行っても行き足りない山のことである。
横尾へは朝日のあたる前穂を見て歩く。
Img_0001_70
槍穂高への経由地横尾。懐かしい気持ちさえ覚える。
Img_0001_71
蝶への登り、樹間に槍ケ岳が見えると気持ちも昂揚する。
Img_0001_72
稜線分岐に着く。
Img_0001_83
槍から穂高、流れていく雲の切れ間に槍、北穂、涸沢岳が見え隠れしたが、奥穂は一度もその姿を見せなかった。
Img_0001_79
Img_0001_74
Kさんのジャンプ(成功例)
Img_0001_77
みんなのジャンプ(失敗例。特にKさん、なにがどうしてこんな足と顔になるのか理解できない)
Img_0001_76
長塀尾根を下山して徳澤に。テントでの二日目の夕食。
Img_0001_78

|

« 蝶ケ岳①徳澤 | トップページ | 乗鞍岳 »

雲の湧く稜線に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蝶ケ岳②:

« 蝶ケ岳①徳澤 | トップページ | 乗鞍岳 »