« М女史の笑顔の消えない山 | トップページ | 楽な道などないから »

2015年11月26日 (木)

宝珠山

  五頭山塊の南端の山からは阿賀野川が光って見えた。私が生まれた場所は新潟の阿賀北だと教えてくれる。初めてここに登ったのは山登りを初めて間もない頃だろうから、十三年前だ。中村さんと来たのが最初か、一人で来たのが最初かはっきりしないが、その時興醒めさせられた数多くの注意書きの看板は今回一切姿を消していた。そのおかげか、幸い晴れた空に広がる景色を納得いくまで眺めることができた。
若いブナ林の尾根

Img_0001_176
二つ三つと小さなピークを越えると、目指す宝珠山まであと少し。
Img_0001_177
宝珠山頂、あの光るのが阿賀野川。
Img_0001_178
綿野舞さんが「ちゃんちゃん焼き」を作ってくれた。美味しかった。いつか本準さんにもなにかご馳走になりたいものである。
Img_0001_179
五頭最高峰菱ヶ岳まではここから3時間半掛かる。こんな秋の日か残雪期か、いつか車二台で来て、行きたいものである。
Img_0001_180
あの光るのが阿賀野川
Img_0001_181
自然のブランコ
Img_0001_182
ブナの尾根を戻る
Img_0001_183
宝珠温泉からまつ荘に寄って帰る。JAF割引でひとり400円、さらに一名は古稀以上割引で300円。

|

« М女史の笑顔の消えない山 | トップページ | 楽な道などないから »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宝珠山:

« М女史の笑顔の消えない山 | トップページ | 楽な道などないから »