« 二週間経って思うこと(新潟シティマラソン2015追認) | トップページ | 2015新発田マラソン »

2015年11月 7日 (土)

吾妻耶山

  あづまさん、あるいは、あづまやさん、と名の付いた山は全国に11あるらしい。水上の吾妻耶山は台形の山容が特徴的で、近くの山に登ると目に付く山なので以前から気になっていた。この日新潟内は雨、それで予報の良い隣県群馬に行くことにした。国境の長いトンネルを越えると日射しが眩しい。いつものことながら同じ日本だと思えない。私のような者はせめて関東に生を受けるべきだったとこれもいつも思う事。
昨年の連休、谷川岳と白毛門から見た吾妻耶山。小さいながら特徴的な台形なので目に付く。谷川岳肩の小屋の左斜め上(写真中央左)

Img_0001_168
中央左の白い山が天神山、その左が高倉山で、その後ろに吾妻耶と大峰山が見える。
Img_0001_169
紅葉のまっ盛り、厚く降り積もった落ち葉は踏んで。
Img_0001_163
峠や道路にもその名が付く、仏岩を登って通過。
Img_0001_164
頂上の北半分は柱状節理の岩山
Img_0001_167
七月の岩木山で故障してから休んでいた本準さんの復活山行を祝って本人のみ万歳!後ろは武尊山。
Img_0001_165
上越国境の山、朝日(白毛門)、谷川岳、万太郎、仙ノ倉、平標、いずれも頂稜線は新潟を覆う厚い雲に隠れていた。
Img_0001_166
無事下山して本当の復帰万歳なのである。
Img_0001_171

|

« 二週間経って思うこと(新潟シティマラソン2015追認) | トップページ | 2015新発田マラソン »

雲の湧く稜線に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吾妻耶山:

« 二週間経って思うこと(新潟シティマラソン2015追認) | トップページ | 2015新発田マラソン »