« ボブ・マーリイは36歳で死んだ | トップページ | 三角点山 2/11 »

2016年2月 2日 (火)

朴坂山

 朴坂山は一等三角点本点の山、そして佐藤貞治先生の山だ。だから断わりなく登ることはできないので、登る前にコンビニで買ったケーキの類を持って自宅を訪ねた。館長時代、僕がババロアとかクリームのかかったコーヒーゼリーとかを買っていくと、こんなうまいものは初めてだと喜んでくれたものだ。「今の時代にこんな物を食べたことがないなんて不可思議だから、きっと先生が床に就かれてから家族で食べていることでしょう」と推測したのだが、その後も環境が変わっていなければきっと同じように感激してくれたことであろう。
<林道を歩く>

Img_0001_9
Img_0002
1時間余、林道を歩いてから夏道を辿る。
Img_0001_10
Img_0001_11
Img_0001_15
今日の本準さんはひと味違うぞ。
Img_0001_16
Img_0001_12
Img_0001_13
Img_0001_14
クリームあんぱんに雪をのせて食べる。アイスクリームになると言う。
Img_0001_17
縦走路との分岐、ここまで3時間余。
Img_0001_18
Img_0001_19
校倉造、石キンさんの御兄さん制作の頂上奥社前に到着12:15
Img_0001_20
展望台
Img_0001_21
雪のテーブルで昼食
Img_0001_22
念願の、石キンさんの抹茶
Img_0001_23
雪が降り出して下山
Img_0001_24
Img_0001_25
誰も登らない、トレースのない山も良いものだと。

|

« ボブ・マーリイは36歳で死んだ | トップページ | 三角点山 2/11 »

雲の湧く稜線に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朴坂山:

« ボブ・マーリイは36歳で死んだ | トップページ | 三角点山 2/11 »