« うがい薬をかぶ飲みする(大会後日談) | トップページ | 復調 »

2016年4月11日 (月)

湯蔵山

湯蔵山は山を趣味とする者なら一度は登りたいと思う山だ。道が無いと諦めるとしたら別に無いものがあるからだろう。
午前5時50分ヒメオドリコソウの群生する牧草地から登り始める。

Img_0001_99
最初は藪漕ぎ。滝原集落から入る林道の先に新しい登山口ができたのを知らない我々は、冬道と同じコース、つまり藪を歩いた。
Img_0001_100
夏道に出る。
Img_0001_101
Img_0001_102
三角点山下の鞍部、ここまで約三時間、二月に来た時はここで昼食を取った。右端に湯蔵山が見えている。
Img_0001_104
後は尾根伝いに進むだけ。
Img_0001_105_2
Img_0001_106
Img_0001_107
10時13分 三角点山から1時間15分で元光兎、ここからの光兎、頭巾の眺めは一度見れば忘れられない。本準さんは写る時、ちょっといさった感じになる。生来の性分か。
Img_0001_108
すぐに目的地、湯蔵に向かって「四つ坂」の急坂を下る。
Img_0001_109
Img_0001_110
そして登って
Img_0001_111
11時10分湯蔵山頂上。後ろは頭巾山。
Img_0001_112
元光兎に戻って、先ずは「万歳!」古稀を迎えてなかなかこうはできない!山が与える活力というべきか。
Img_0001_113
この眺め良い場所で昼食。
Img_0001_115
13時50分下山開始
Img_0001_116
Img_0001_118
登り始めの藪漕ぎでなくした石キンさんのストックをみんなで探して、林道を歩いて帰る。
Img_0001_119

 

|

« うがい薬をかぶ飲みする(大会後日談) | トップページ | 復調 »

雲の湧く稜線に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湯蔵山:

« うがい薬をかぶ飲みする(大会後日談) | トップページ | 復調 »