« 練習不足 | トップページ | 田代山 »

2016年6月14日 (火)

東根 月山

 

東根のマラソンは、後半のバテも克服して良いレースができた。タイムは1時間40分台で、ハーフのベストからはほど遠いが、この大会では2番目に良いタイムだ。差し出される佐藤錦を一個だに口にせず、只管走った結果である。
 翌日の恒例の山は月山、スキーヤーに交じってリフトに乗り、雪山をトラバースしながら夏道に出ると、花が盛りであった。今年は開花が早いからとは思っていたが、こんなに咲いているとは。
東根マラソンスタート前

Img_0001_59
駐車場からリフトに向かう。正面は姥ヶ岳(スキー場)
Img_0001_60
我々より早くリフトが動くのを待っているスキーヤーは沢山いたのに、チケット売場の窓口が開いた時に私が一番近くにいたために、一番にリフトに乗ることになった。つまり私の前には誰もいない。名誉な事だとは思わないが、初めてのことなので一応発表する。
Img_0001_61
リフトを降りてからアイゼンをつける。念のため夫妻はロープでつなぐ。
Img_0001_62
近道なのでトラバースで行く。
Img_0001_63
Img_0001_64_2
Img_0001_65
夏道に出ると沢山の花・・・
Img_0001_66
Img_0001_67
Img_0001_72
Img_0001_69
道の両側にずっと咲いていた。
Img_0001_70
Img_0001_74
Img_0001_75 
Img_0001_76_2
頂上のクロユリの蕾はまだ固かった。
Img_0001_78
花探しに余念無い様子だが、私のように六弁のミヤマキンバイを見つけようとして見つけるくらいでないと。
Img_0001_77
下山
Img_0001_81
Img_0001_80
Img_0001_82_2
木道の上で休みながら、登る時にトラバースした斜面を見上げて
Img_0001_83
Img_0001_84
エゾノリュウキンカ
Img_0001_85
無事下山。奥に見えるのは朝日連峰。
Img_0001_86
詳しくは「綿野舞」参照。 

|

« 練習不足 | トップページ | 田代山 »

雲の湧く稜線に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東根 月山:

« 練習不足 | トップページ | 田代山 »