« 安達太良山 下見 | トップページ | 北帰行青森秘湯グルメ山行② »

2016年9月23日 (金)

北帰行青森秘湯グルメ山行①

「北帰行」の原曲は下記のとおり。

1.窓は夜露に濡れて 都すでに遠のく
  北へ帰る旅人一人 涙流れてやまず

2.建大 一高 旅高 追われ闇を旅ゆく
  汲めど酔わぬ恨みの苦杯 嗟嘆(さたん)干すに由なし

3.富も名誉も恋も 遠きあくがれの日ぞ
  淡きのぞみ はかなき心 恩愛我を去りぬ

4.我が身容(い)るるに狭き 国を去らむとすれば
  せめて名残りの花の小枝(さえだ) 尽きぬ未練の色か

5.今は黙して行かむ 何をまた語るべき
  さらば祖国 わがふるさとよ 明日は異郷の旅路
  明日は異郷の旅路
剣はまた悪天候、全国的に良いのは東北、それも青森。深浦の道の駅で数種の飯寿し等を食べる。僕は苦手だが他三名は喜んで食べていた。それから「不老不死温泉黄金の湯」。
Img_0001
そして岩木山に向かう。サンダル百名山のひとつ。実際にはサンダルでは痛いかもしれないが、登れないことはない。しかし駐車場に着く頃には雲行きが怪しく、リフトを降りたらポツポツと降ってきた。
Img_0001_1
40分、急な登り
Img_0002
頂上、風雨
Img_0001_2
奥社で雨宿り
Img_0001_3
麓は「嶽きみ」で賑わっていた。七年前は素通りして後悔したので、今回は一人一本茹でたのを買った。あまりの美味しさでキャンプ場に着くまで皆食べ終えた。いずれ二本も三本も食べる日が来るだろう。
今日の宿、鯵ヶ沢少年旅行村のバンガロー(1泊5000円)

Img_0001_6
桜井さんだけが撮影に協力的だ。
Img_0001_5

|

« 安達太良山 下見 | トップページ | 北帰行青森秘湯グルメ山行② »

雲の湧く稜線に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北帰行青森秘湯グルメ山行①:

« 安達太良山 下見 | トップページ | 北帰行青森秘湯グルメ山行② »