« 牛 | トップページ | 偶然は緊張を惹起する »

2016年9月25日 (日)

戸隠山

 もう若くはないが「若いうちに登るべき山がある」とは良く聞く言葉だ。征平さんもそう言って飯豊完全縦走の送り迎えをしてくれた。見栄っ張りからだろうか、マラソンでもその大会の最長のレースを走るのが主義だ。笹川ならハーフ、新潟ならフル。山の境は難しいが、ロープを使わない難コースはいずれ登りたいと思っている。県内だと越後三山縦走、八海山から中ノ岳の間に険路がある。妙義、低山としては最も滑落事故の多い山。白馬鑓と唐松の間の不帰キレット。五龍と鹿島槍の間の八峰キレット。そして有名な奥穂と西穂の間の道。戸隠もその一つに数えていた。このうち日帰りできるのは妙義と戸隠で、近い方の戸隠にした。「てんきとくらす」はAだったが、麓は曇り。案の定終始ガスの中だったが、ひとつクリアーしたという小さな喜びはある。
鎖場も易しくはない場所が多かった。

Img_0001_45
戸隠山といえばこの「蟻の塔渡り」。ガスで全く見えなかったが、左側150m切れ落ちていると聞いているので、足がすくんだ。跨いで進むか、片側に足場を見つけて岩につかまりながら進むか、這うか、歩くか、色々な写真を見てきたが、とても立って歩くなんて勇気はなくて、あるいは跨り、あるいは片側足場、あるいは四つん這いの複合式でなんとか通過した。途中にイワインチンが花束のように群生していたが、カメラを向ける余裕はなかった。右に巻き道があって、そこを通る人が写っているが、この道も最後は塔渡りの最終部分に重なっていた。
Img_0001_44
難所を越して九頭龍山への道に咲き残った一輪のグンナイフウロが美しかった。
Img_0001_47

|

« 牛 | トップページ | 偶然は緊張を惹起する »

雲の湧く稜線に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戸隠山:

« 牛 | トップページ | 偶然は緊張を惹起する »