« 剱岳2/3 | トップページ | 鹿島槍ヶ岳1/3 »

2017年8月24日 (木)

剱岳3/3

 剱登頂という達成感の中で眠りについた我々のテントを夜中に雨が打ちました。その音はだんだんと強くなり、今日はまっすぐ帰るしかないかと思われましたが、再び眠りに落ちたのは雨音が弱まったからなのです。↓準備をする頃には雨は上がっていて、雨の中の撤収は避けられました。
Img_0001_55
剱沢を喘いで登ると昨日登った剱が晴れやかに見えました。
Img_0001_56
別山北峰までひとり走っていった綿野舞さんを待って、真砂岳そして立山三山に向かいました。ザックにぶら下げたヘルメットが誇らしげに揺れるのでした。
Img_0002_1
Img_0003_1
立山三山に向かいます。
Img_0001_57
富士ノ折立
Img_0004_1 
大汝山、ここが立山連峰の最高点3015m
Img_0005_1
雄山
Img_0001_58
雄山から竜王岳方面を眺める御婦人。雲の先には五色ヶ原、薬師、黒部五郎、双六、槍と、北アルプス縦走路が続いています。剱のTシャツを誇らしげに着る限りは剱登山の帰路に立山三山を縦走してきたに違いありません。
Img_0006_1
雄山を下りた一ノ越で休憩
Img_0007_1
室堂ターミナルに着く頃雨が降ってきました。どちらに転ぶか分からない予報でありながら一度も雨具を着ることもなく、絶景の中を歩くことができた幸運と、こういう機会をもたらしてくれた仲間に感謝しました。そして用足しのため先行した会長を人混みの中に捜したのでした。
Img_0008_1

|

« 剱岳2/3 | トップページ | 鹿島槍ヶ岳1/3 »

雲の湧く稜線に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 剱岳3/3:

« 剱岳2/3 | トップページ | 鹿島槍ヶ岳1/3 »