« 新潟マラソン・父の入院・次のマラソン | トップページ | 走る日は晴れた »

2017年11月19日 (日)

新車、五泉マラソン、仮の退院、新車をぶつける

  畦見の娘さんから芥川製菓のチョコレートが沢山送られてきた。このチョコレートのことは以前書いたが、跳びあがるなと言っても跳びあがってしまうほどおいしい。一枚40㎝もある板チョコなので食べきるまで何日も跳びあがることになる。それが三つも送られてきたのでYにもあげると、二人の娘さんの家に運ばれ、そこの双子がこんなうまいチョコレートは食べたことがないと言ったそうだ。跳びあがった姿が目に浮かぶ。
 送り主の住所は実家ではなかった。大学を卒業して、就職した先の都合で別に暮らし始めたのかもしれない。
 さて、11月5日の五泉のマラソンは天候に恵まれ、各自練習の成果を発揮して好タイムで完走できた。綿野舞さんは念願の5時間切りを達成、先月の新潟マラソンの記録を1時間10分も縮めて4時間55分。未曾有のドーム4時間ランの成果でなくて何であろう。Yは二週間くらい前に足の指をひねって腫れさせ、練習もままならず大会に出られるかさえ心配されたが、コース上で提供されたすべての飲食物に手を出して完走、彼女もまた新潟より20分速かった。山で鍛えた足腰がものをいったというべきか。僕は3時間38分。これは二番目に良い一昨年の新潟マラソンと同タイム、先月の新潟のていたらくからすれば名誉挽回の記録なのだが、34キロまで3時間30分切りのペースで走っていたので悔しさが残り反省点も多い。ゴールまであと3キロあたりでへろへろになった時に、途中で追い越してきたポニーテールの女性のポニーテールがリズム良く上下に揺れながら追い越し遠ざかっていくのをただ見ているしかなかったのである。レース後一週間位、テンポ良く揺れるポニーテールが彷彿とした。
 11年乗った車を替えた。外観はそうでもないが、下部の腐食が進んでいた。新しい車と替えるために村上に行く途中、ふと見たメーターが177775となっていて、2キロ走って177777してから写真を撮った。11年、あちこちの山に連れて行ってくれた車が、最後に心憎い演出をしてくれた。
 胆嚢炎で入院した父は胆嚢に管を入れて溜まっていた膿を出し続けたことで回復した。痛みもなくなり病院の食事も三食ともおいしく完食できるようになった。しかし、再発しかねないので胆嚢の摘出手術をすることにした。手術は今月末、それまで入院し続けることはできないとのことで、岩船の施設で過ごすことになった。胆嚢には管が入り、尿も管で出しているままなので、家では難しく、引き取ってもらえる施設をケアマネさんに苦労して探してもらった。
 その施設に行く途中で車をぶつけた。前日足りなかった用を足すため仕事を終えてすぐ出たが、七時からの会議までに戻らなければという焦りもあったかもしれない。慣れない道で夕方で雨で、何より車の運転がせっかち。修理と保険の電話のやりとり、今月末に手術前検査、入院、手術と軽トラで済まない用件があるので代車を頼むと、すぐには無理ということでしばらくは今のまま乗ることになった。自業自得には教訓しかない。せっかちの戒めだと思って耐えることにする。それでも単独の事故で良かった。路肩のポールは傾いていたが、これは保険屋さんに任せて済んだ。
 移った施設でも良くしてもらって食事もおいしいそうだ。食事の時尻が痛いというので昨日はドーナッツ型の座布団を置いてきた。当たり前の話だが、駐車するときはなるべく人目のつかない端におく。
 ぶつける前はこんな陽気な歌を作って喜んでいた。
 俺の車はエクストレイル 前の車と同じ型で 11年も世話になって別れの言葉も忘れていた 新しい車の型は好きではないがすぐに慣れる そうやってきたから分かるのさ 
 俺の車はエクストレイル リーフボックスを積んで 大勢で行くときはザックを入れる 冬はボードが収まる算段だ 山には寂しさやるせなさを捨ててくる 少しずつ運んでいつかなにもかもさっぱりと捨てられればと願っている 
 俺の車はエクストレイル 燃費が悪いは百も承知の介 空振り空ふかし今更何を驚くものぞ 
 俺の車はエクストレイル 望みは一つ 事故無く我々を登山口まで連れていって また戻ってほしい 晴れのはずなのに ずっと雨のこともある 雨を覚悟で晴れることもある そんな具合に生きてきたから エクストレイル 道無き道を行くという意味

 前の車0046に捧ぐ  

 



|

« 新潟マラソン・父の入院・次のマラソン | トップページ | 走る日は晴れた »

歌うのは希望だけ」カテゴリの記事

コメント

177777を見て驚いた。今年の9月に岳父亡くなり、大変な苦境に陥いっている。亡岳母から、月下氷人が堀口大学で、大学の名の由来と子息が早稲田で、山で遭難したと聞いていた。この大学由来の万年筆を貴君に贈ろうと考えていた。さらに、パーカーも贈る。この万年筆は、僕と貴君の青春に対する馬場からの贈り物だ。詳細は、会った時に話す。エンジェルナンバーの
意味するところは、もう一度、行けだ。小説を書け。ということだ。青竹のコップ宜しく。

投稿: 1177777とエンジェルナンバー | 2017年11月19日 (日) 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新車、五泉マラソン、仮の退院、新車をぶつける:

« 新潟マラソン・父の入院・次のマラソン | トップページ | 走る日は晴れた »