« 荒船山 | トップページ | 黒姫山 »

2018年5月25日 (金)

瑞牆山

 特異な山容と一級の眺望、そして容易に登れる山なのに、ここから遠いばかりに機会を逸してきた山のひとつ。何度も計画を立てたが、天気に恵まれず、行き先を替えてきた。今回も日にちだけを替えた計画書だったが、ようやく実現の運びとなった。
<登山口に向かう途中、昨日と同様八ヶ岳があまりにきれいに見えたので車を停めた。左から赤岳、横岳の連なり、硫黄岳>
P1050481
いよいよ登山口出発。本間さんは小粋にサングラスを掛けなおす仕草。腰には袋にいれた地図をこれまた小粋に提げたもんだが、開げる姿は一度も見ることができなかった。
P1050484
しばらく登ると見晴台に。異形の山に期待は膨らむ。
P5010631_2
富士見平
P5010632
沢を一本渡渉してからは巨石群の間を縫うような登山道が続く。
P5010648
P5010675
登頂!
P5010711
八ヶ岳を後ろに
P5010713
後ろは南アルプス。北岳、千丈ヶ岳、甲斐駒と並ぶ。
P5010715
そして富士山。
P5010719
下りに名残の瑞牆山全貌。
P5010772






























|

« 荒船山 | トップページ | 黒姫山 »

雲の湧く稜線に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 瑞牆山:

« 荒船山 | トップページ | 黒姫山 »