« いずれも恙なく | トップページ | 燕岳 7/8-9 の初日 »

2018年7月29日 (日)

入笠山、そして木曽駒ヶ岳7/1-2

 同行6人。本来の予定は一週間前の6月24日25日、しかし天気が悪くて延期。もし延期にならなかったら、木曽駒でなくて八ヶ岳だった。というのは千畳敷まで行くRWが点検のため運休になっていたからだ。延期になって予定の山に登れ、都合の悪かった池田会長も参加できることになった。初日は入笠山、スズランの時期は過ぎていたが、夏の花の盛り。
P7010256
入笠山頂上。麓の町は富士見町、八ヶ岳は裾だけ見せていた。
P7010285
 中央アルプスは学生時代も来たことがなかった山域。会の山行では何度も計画を立てたが、天気に恵まれず来ることがなかった。
バスを待ち、RWに乗って千畳敷カールに着く。
P7020319
南アルプス一望。
P7020335
P7020349
夏の花が咲き始めた八丁坂を登る。
P7020380
乗越浄土
P7020392
木曽駒頂上
P1050719
宝剣岳
P7020465





|

« いずれも恙なく | トップページ | 燕岳 7/8-9 の初日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 入笠山、そして木曽駒ヶ岳7/1-2:

« いずれも恙なく | トップページ | 燕岳 7/8-9 の初日 »