« 奥黒部周回1/4 8/5 | トップページ | 奥黒部周回3/4 8/7 »

2018年8月23日 (木)

奥黒部周回2/4 8/6

2日目の朝。今日は右の北ノ俣岳から黒部五郎、そして真ん中奥に見える三俣蓮華の左の鞍部の山荘まで歩く。四日の行程中、一番長い日。
P8060095
北ノ俣岳に向かう。中央は黒部五郎、その右の奥は笠ヶ岳。左の奥に槍も見える。
P1060785
北ノ俣岳。黒部五郎、笠、乗鞍、御嶽と奥に並んで見える。P8060141
北ノ俣岳から赤木岳に向かう途中の広い尾根。あまりの景色に先頭の綿野舞さんの腕の振りが幼稚園児のようだ!
P8060159
P1060799
P8060164
奥に見えるのが黒部五郎岳
P1060810
黒部五郎岳山頂
P8060221
黒部五郎カールを俯瞰。奥に雲ノ平。その後ろに水晶、ワリモ、鷲羽、双六と並ぶ。
P1060828

カールの清流を満喫する
P8060235
カールの巨石(羊背岩というらしい)
P8060249
ようやく見えた黒部五郎小舎
P8060268
そこから急坂を登って三俣蓮華岳
P1060853
三俣蓮華を下ると今日の宿三俣山荘が眼下に。その後ろに鷲羽が聳える。
P8060307
P8060301
宿に着くと賑やかなご婦人方の脇に案内された。喧騒を厭って外でビール(綿野舞さんは炭酸)。なんというか、何年も写真で見、地図で想像した場所に現実に居ることはちょっと不思議な感覚。この後、喧騒の中に戻ろうとすると、寝床の変更があって、個室同然の物置のような部屋に三人で入ることになった。私に人徳は無いので、二人のお陰。
P8060309












|

« 奥黒部周回1/4 8/5 | トップページ | 奥黒部周回3/4 8/7 »

雲の湧く稜線に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥黒部周回2/4 8/6:

« 奥黒部周回1/4 8/5 | トップページ | 奥黒部周回3/4 8/7 »