« 倉手山(公民館健康登山)10/28 | トップページ | 岩櫃山 11/25 »

2018年11月19日 (月)

大境山 11/14

 小国町と関川村の境、つまり県境にある大境山は朳差に次ぐ村二番の標高、眺望も申し分ないのに知名度、人気度は10番位だろう。何度も登っているYさえも麓から同定できないと告白していた。況や一般人をや。理由は登山道が村側に無いことによる。登るには山形側に回る必要がある。僕も五、六回は登っているが、六年前の五月に一人で登って以来、ある理由で遠ざかっていた。今回はAK担当の月で、昨年末に決まった時点から気乗りはしなかったが、同行できないというほどの理由でもなかったので、消極的に参加を予定していた。但し、AKは希代の雨男で、3泊4日、槍から笠までの周回でカッパを着なかった日が無かったのはその効力だと言われている。案の定、予報は芳しくなかったから群馬の方に足を伸ばそうと計画していたが、前日になって回復の兆し。但し午後になって崩れるという予報なので、ヘッドライトを付けて六時前に登り始めた。最初2時間は急な登りだが、明るくなると美しい晩秋の登山道。
P1070319_2
県境稜線に出て視界が開ける。
Pb140011_2
稜線新潟側を歩く平地に出ると大境が目の前に現れる。
P1070335
荒川支流関川村の沼川源頭の水場を超える。
P1070347
飯豊連峰を見渡す尾根に出て、頂上はすぐと思われるが、ここからだましピークが二つ。
P1070349
右が朳、左が本山。
P1070359
P1070365
この池塘(池)が出てきてようやく山頂への平
P1070371
左手前枯松山、奥本山、三人の後ろに朳。
P1070394
関川村を見下ろしながら渡辺家を探す。
Pb140016
P1070386
下山
P1070430
二人とも見ているのはスマホ(綿野舞さんはスマホの地図かも)。況や若者をや。
Pb140415
Pb140425
帰りの車で雨になりました。貴重な午前中の晴れ間でした。































|

« 倉手山(公民館健康登山)10/28 | トップページ | 岩櫃山 11/25 »

雲の湧く稜線に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大境山 11/14:

« 倉手山(公民館健康登山)10/28 | トップページ | 岩櫃山 11/25 »