« 笹川ハーフマラソン 4月14日(日) | トップページ | 今年最初の「古道を行く」は4月20日 »

2019年5月13日 (月)

日向倉山 4月28日(日)

 奥只見湖を見下ろす日向倉山に登山道はなく、残雪期だけ行ける山。今回はその先の未丈ヶ岳を目指したが、やはり日向倉で精いっぱい。それでも快晴の山行は満足の一日となった。登山口に通じるシルバーラインのゲートが開くのが6時、閉まるのは18時、だから日帰りには限界がある。未丈はテントを担いでの一泊でないと行けないかもしれない。
P4281557 
稜線に登りつくまでは急な尾根を登る。
P1070831 
あとは只管正面に見える山、日向倉を目指す。
P4281602 
荒沢岳と中ノ岳、越後駒の裏越後三山を見ながら登る。
P4281631
頂上直下の最後の急登。
P4281658
未丈は綿野舞さんのピッケルの上。
P1070852 
裏越後三山を見ながら下山

P1070893 
P1070868
日が長くなったおかげで、明るいうちに「ゆ~パーク薬師の湯」に入れた。中の食堂で蕎麦を食べて帰途につく。




|

« 笹川ハーフマラソン 4月14日(日) | トップページ | 今年最初の「古道を行く」は4月20日 »

雲の湧く稜線に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 笹川ハーフマラソン 4月14日(日) | トップページ | 今年最初の「古道を行く」は4月20日 »