« 荒川三山、赤石岳8/4-8 の③ | トップページ | 鳥海に矢島口から登る①勉強の日 »

2019年9月 2日 (月)

荒川三山、赤石岳8/4-8④-⑤

四日目の行程は荒川小屋から赤石岳に登り、椹島に下りる。昨日ゆっくりしたので今日は余裕がない。コースタイムが9時間10分、小屋を6時に出て椹島ロッジに遅くとも4時に着くとすれば行動時間は10時間ちょうど。休憩昼食時間を考えればカツカツの時間。
 P1090197
小屋を出て赤石岳に向かう。
P1090224
その登りで振り返る。昨日越えてきた荒川三山と、その麓に一晩お世話になった荒川小屋が小さく見える。
P8070981
小赤石に続く稜線に出る。小赤石の後ろに赤石が覗く。
P8071040
小赤石岳を越えて赤石に向かう。
P8071059
赤石岳から荒川三山を眺める。
P1090319
富士見平で。荒川三山を背景に(上)。小赤石、赤石(下)
P1090322
休憩、昼食時間も取り、赤石避難小屋で油を売ったりもしたが、同行者の健脚のお陰で四時前に無事ロッジに着いた。
健脚といえども、二人の顔には達成感以上に疲労の色があるのを、そのむくみが教えてくれた。
 P8071109
最終日、ロッジを六時のバスで出て、やっぱり1時間揺すぶられて畑薙の臨時駐車場に着く。我々が出発した四日前と同様、バス待ちの長い列ができていた。
P8081123
南アルプス椹島、次回来る時があれば、常連のように慣れた様子でバスに乗ろう。そしてどんなに揺すぶられても苦笑いもせず。

 

 

 

|

« 荒川三山、赤石岳8/4-8 の③ | トップページ | 鳥海に矢島口から登る①勉強の日 »

雲の湧く稜線に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 荒川三山、赤石岳8/4-8 の③ | トップページ | 鳥海に矢島口から登る①勉強の日 »