« 鳥海に矢島口から登る①勉強の日 | トップページ | 荒沢岳 9/1 »

2019年9月 8日 (日)

鳥海山に矢島口から登る②

鳥海荘、朝食は7時からだが、登山者には特別に早く朝食を出してくれて5時には出発できた。祓川まで30分、6時には登山口をスタート。
祓川ヒュッテ前に広がる竜ヶ原湿原を抜けると登りが始まる。まだ雪渓のある登山道だから花も多かった。
P8221357 
登山口の湿原から鳥海山の頂上が近くに見えているがコースタイムは3時間25分。それでも最短のコース。
P8221384 
前半いくつかの湿原を越えていく。ここはハクサンボウフウの群落。
P8221412 
アオノツガザクラも多かった。あとイワギキョウ、イワブクロ。
P8221457 
P8221501
七高山到着。新山には行かずここで鳥海荘で作ってもらった弁当を食べる。普通の山小屋だど弁当千円だが230円!4時30分に朝食を出してもらい230円のおにぎり弁当と、多分ここの社長のなんとかさんが鳥海山に毎年登る企画事業の主催者だから配慮してくれているのだと思う。
P8221488
帰りは康新道を通ってみた。登りとは別な景色が見られるのと、チョウカイフスマがずっと咲いていて、良い登山道だった。
P8221524
P8221507
管理人さんがいらしたので祓川ヒュッテの中を見せてもらった。一番混むのは春スキーのシーズンだそうだ。
P8221569



|

« 鳥海に矢島口から登る①勉強の日 | トップページ | 荒沢岳 9/1 »

雲の湧く稜線に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥海に矢島口から登る①勉強の日 | トップページ | 荒沢岳 9/1 »