« 薬師岳 | トップページ | 喉が痛い風邪 »

2019年10月31日 (木)

唐松岳 10/20 

 飯豊の紅葉を見に行こうという綿野舞さんの提案に乗ったが予報は芳しくなく、唐松岳なら眺望も期待できるとこれも彼の情報に拠った。晩秋の北アルプスは初めて。泊りなら二日目に雪となることも心配されるが、日帰りだから今日の天気と登山道だけ考えていける気軽さがある。しかし、リフトの始発は8:15、下山最終が4:40、その間にコースタイム7:05をピストンしなければならないから慌ただしい登行のはず。その始発に合わせて関川を3:20分出発、7時過ぎに霧雨降る黒菱平の駐車場に着いた。ここからのリフト運行はこの日が最終日、一番に乗る光栄に浴したが、二本のリフトを乗り継いだ先の八方池山荘も、有名なケルンも八方池もやはり霧雨に煙っていた。但し何度も言うようだけれど、今年はもう元を取っている。焼石、秋田駒の二泊三日、荒川三山、赤石岳の四泊五日、いずれの山行も恥ずかしげもなく露わにした山体を納得いくまで眺めさせていただいた。今日がたとえ五里霧中であっても無事で帰れればそれで良い、そんな謙虚な心持が天に通じたのか、綿野舞さんの言ったとおりになり、八方池を過ぎた辺りで薄くなり始めたガスの中に山影が見え始め、その雲さえ越えると絶景が待っていた。
Pa200274 
「しょうがない、しょうがない、雨の日はしょうがない、有名なケルンも池もガスの中~」と口ずさみながら進むと・・
Pa200279
突然薄雲の中に山の影が!
Pa200288
勇気百倍となって
P1100194
この景色の中に飛び出した!(左から)不帰キレットに続く天狗の大下り、天狗尾根、白馬鑓、杓子、白馬、そして新潟県の最高峰小蓮華の緩い稜線。二名の表情は冴えないが、欣喜雀躍で感動に震えている。
Pa200358 
更に進むと、ようやく右奥に目的の唐松岳が見えてきた。左は五竜と鹿島槍。
Pa200385
小屋手前のピークを越えると劔、立山が!
P1100297
そして唐松岳頂上。(左から)五竜、奥に小さく前穂、奥穂、槍、針ノ木、鷲羽、水晶、赤牛、真ん中奥に薬師、そして立山、真砂、別山、劔。
P1100311 
こちらは不帰キレット側。天狗の大下りが中央縦に、天狗尾根の右に白馬鑓。杓子、白馬はその鑓に隠れて小蓮華の稜線。
P1100325 
一日見ていても飽きない景色だが、昼食を取るため山荘の前へ。
P1100341
下山中も左に白馬三山を見ながら。雲海にわずか顔を見せるのは火打かな。
Pa200453 
かたや左には五竜、鹿島槍。
P1100385
八方池山荘のリフト乗り場が見えてきた頃、麓の白馬村にかかる雲の上に戸隠、高妻、そして妙高、火打、雨飾の山々が見えてきた。何度も候補になりながら、筆頭になれば天気が悪く、晴れれば他の候補に出番を譲っていた、不運で謙虚な山、唐松。こういう最高の形が待っていました。


|

« 薬師岳 | トップページ | 喉が痛い風邪 »

雲の湧く稜線に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 薬師岳 | トップページ | 喉が痛い風邪 »