« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月30日 (月)

御岳山、高尾山

 大学の時にひとり高尾山に行ったことがあることは確かだが、ほとんど思い出せない。その時の状況だけは覚えているが、思い出したいことではないので、今回高尾山に登っても、全く蘇る記憶がないのは幸いであった。
 御岳山は東京時代の山行の随伴者Sさんが冬山の訓練に良く登っていたという記憶がある。麓から歩けば楽ではない山だろう。
 その御岳山、青梅で高速を降りてから祭りで賑わう市街を抜ける頃、いきなり渋滞が始まったので、これは御岳山詣の混みかと思ったが、奥多摩に向かう車であった。その道を反れて御岳山に曲がる車がほとんどなかったからだが、登山口のケーブルカー乗場の駐車場には長い、坂道なので先の見えない渋滞で、青梅も東京だなと思った。山に特に感慨はないが、遅い昼食をとろうと入った山頂駅食堂が満員で入れず、隣の、10席位しかないお土産売場兼食堂に仕方なく入ったが、全員が同一に頼んだとろろそばが意想外に美味しかった。味噌ベラを人数分以上に貰ったりもした。大変幸先の良いことであった。
 いずれ詳しく書こうと思っているが、この日の夜、宴会の後で具合が悪くなった。吐き気はもよおさないめまいで、冷や汗が出る。泊まっていたホテルと別な場所であったので、回復のために小一時間ばかりトイレに入った。同行者に迷惑を掛けたが、特にその間ずっとトイレの外で気遣っていた池田会長には陳謝と感謝の気持ちでいっぱいである。原因を考え、今後回避したい。
 平日でも高尾山は混んでいた。体力的に心配していたお二人は私よりも活発に歩き、喋った。
P1100748
全員とろろそば。待つ間、ここで山バッチを人数分買うと、味噌ベラを何本かくれた。そば代を払うとまたくれた。一人二本くらい充たるくらい貰った。みなさん、ちゃんと使ってるかな。
P1100772 
参道にて。
P1100810 
週末だとこの駅前広場が人で埋め尽くされている。 月曜で良かった。

P1100829

P1100854

残念ながら富士山は見えなかったが、天気に恵まれて、楽しい二日間だった。

| | コメント (0)

安久とはならなかった令和元年師走

 トイレに入る都度思うことは、随意に排泄できることの有難さである。今や父は浣腸しないと排便できなくなり、いつも申し訳なさそうに言うのである。父のようになって、生きる自信はない。母のようになって生きる意味を見つけれるとは思えない。
 仕事を終えるとすぐ帰って父に夕食を食べさせなければならないことが、私の生活リズムを一変させた。ランニングの時間が遅くなり、寝るのが遅くなり、机に向かう時間が無くなった。まあ、一変とは書いたが、大した一変ではないかもしれない。睡眠時間が少なくなったので、インテリは10時間は寝ないと、という昔の持論を思い出すだけだ。いつも寝不足だと閃きがない。
 父母とも寝たきりになったこと、精神的環境にその要因の一つがあるとしたら、私のせいでもあろうといつも思っている。
 浣腸しながらいつもなぜか苦笑する。苦笑せざるをえない。
 安楽は無い。せめて後悔の言葉を口にしないで死にたいと思うだけだ。安んぞ久しからずや。
 
 

| | コメント (0)

2019年12月23日 (月)

喉の痛み、その後

 なかなか治らない喉の痛みで、診療所に行く気になったが、結局ひと月以上経った今も治っていない。元旦マラソンもあるので先月下旬には練習を再開したが、二週間のブランクは大きく、11月半ばの頃の調子にさえ戻せない。
 今月初めにバドミントンの大会があった。公式戦3回目の出場。この春高校に入ってからバドミントンを始めたような男子高校生ダブルスと二戦して二勝、予選を通過しトーナメントの一回戦では女子高校生ダブルスを破ったが、準決勝で敗れて三位。それでも初めての表彰状を貰った。
 この試合を応援に来てくれたYにスマホでビデオを撮ってもらったが、とにかく姿勢が悪くて見ていられない。前屈みで下を向いて打つ。もっと胸を開いて、頭を上げ、打つ右手の反対の左手を大きく動かしながら動かないといけない。そういう反省をして、姿勢を意識し始めると、姿勢が悪い、のは私の生き方そのもののような気もして、憂鬱になったりもした。

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »