« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月31日 (火)

残雪の葡萄鼻

 未曾有の少雪で、「残雪に咲くマンサク」は29日では遅すぎた感があった。もともとは湯蔵山を計画していたが、雪が少なければ藪漕ぎになる。朴坂山も高坪も今や一片の雪も見えないのだから。遠目で見てまだ雪の残っている牟礼山にしようかと見に行ったが、去年の12月同様、道路にバリケードがあって、まだ車を通していない。それもバリケードの数を増やしていた。私らのような者がいるから増やしたのだろうが、教育委員会の行事だからこれを無視はできない。あとは光兎山、15日は下見のつもりで登ったわけでなかったが、2週間も経てば雪もだいぶ消えて、雷峰直下のトラバースだけロープを張れば大丈夫だろう、きっとマンサクも咲いていると、光兎山に決めたところにまた雪が降った。少し遠いが五頭、二王子なら危ない所はないがと思案しながら、ぐるっと周囲の山々を見回して飯豊、朝日以外でまだ白い所があるのは葡萄鼻だけ。それで急遽26日の午前中綿野舞さんに同行願って下見に行った。午後1時半から会議あるので急ぎ足の下見。ただ天気だけは保証されていた。
 数える位しか登ったことが無い山は行った時の事を良く覚えている。最初はひとり、立烏帽子から藪を漕ぎ藪を潜って木立の中の頂上に着いた。見晴しは悪いとは聞いていたが、悪いのでなく無い。また道は無いとも聞かなかった。行ってきたと言うと「道無かったろう」と横山さんは初めて言うのだ。二度目はその横山さんの案内で立烏帽子を通らない積雪期のルート、三度目は綿野舞さんとスキー、ボードを担いで登った。雪のある時期二回とも山スキーをする高橋賢吉さんに会った。同級ではあるが山の大先輩であり、この山を冬の遊び場にしていた。その高橋さんも横山さんも故人となった。そして四度目が今回の下見である。
P3260839
マンサクも確かに咲いていた。
P3260855 
後ろに朳差岳
P3260876 

浮世と同様天気もままならない。朝のうちに上がるはずの雨が残ってポツポツと降る中での集合、歩き始めれば小雪さえちらつく様子、着込めば暑い脱げば寒いで登り始めて3時間、なんとか無事に積雪期しか眺望の無い山、葡萄鼻に着いた。
《どうだ!この日のために気合の坊主頭、降りかかる雪は情熱で溶かすぜ!》
P3290916_20200331202901
まだまだ帽子は要らないぜ!遅い奴はストックでつっこすぞ!ありゃりゃ、いつの間にやらおいらがビリだ!
P3290924
尾根の急登り、落ち葉の上の新雪はいたずらに滑る。
P1110753
ここら辺からマンサクの花。
P3290942 
標高が上がり寒さが増した。坊主頭にゃへっちゃらだが、耳が冷たい帽子を被る!
P3290966
「どうしてあんなに手を振るのだろ」佐野元春を思い出すぜ!
P3290963
頂上で昼食。帽子はいいぜ、ダウンもいいぜ。なぜかおいらは背を向ける!
P3290970
下山前に集合写真。おいらはどこだどこにいる。いつの間にやら真ん中だ!
P1110755
あとはひたすら下るのみ。
P3290991
どけどけどけ!とろとろ歩くやつは追い抜くぞ!
P3290995
ふう、まあまあいい山でした。
P3290178


 

| | コメント (0)

2020年3月17日 (火)

2020年3月のこと

 俺は見なかったがと前置きしてから、自分が小さい頃天然痘が流行り、新保の旦那が罹って関の医者まで行く時、長い棒を振り回して、俺に近づくなよと言いながら歩いていったと聞いたことがあると父は言った。尿袋の尿をバケツに移しながら聞いていたので、適当に聞いてたが、その尿をトイレに捨てるまでの間に面白い話だと思い、関まで歩いていったろうかと聞いてみた。下関の医者まで新保からなら10㌔以上あるし、病気でそこを歩くのは不自然な気もしたし、昔は歩くのが普通だったから、やはり歩いたのかと思ったりもした。「んだ、旦那だんが、リヤカーにでも乗っていったろが」と父は言う。リヤカーだとすると、引き手が棒を振り回すことはできないから、やはり乗った旦那が振り回さないといけない。そうなると、棒の効果は半減する。ディサービスに行く父に服を着せて体温を書いた紙を渡してから家を出たが、やはり歩きながら棒を振り回す姿が面白いと思った。そして文学青年の定めか、闇の中を長い棒を持って突っ走る話が出てくる梶井基次郎の小説を思い出した。
 毎日のコロナのニュースが父に昔のことを思い出させたのだが、そのコロナのために体育館は使えずバドミントンはできない。ただドームの走路だけは村民だけ使用可能なので、がんばって走ってはいる。バドミントンと云えば、トレイニングラケットを買って、暇さえあれは振り回している。普通のラケットの倍の重さで、これで素振りをして筋トレするのだ。これを振り回し、あるいは壁打ちで使ってから普通のラケットを持つと羽のように軽い。軽く振れるからスピードも速い。そしてこのトレイニングラケット自体さえ,そう重く感じなくなる。え、これトレイニングラケットと見返す時もある。216日の山北大会の最終戦で5点差をつけてマッチポイントを迎えながら、最後の2本を自分のミスで負けた悔しさを忘れないで、このトレーニングラケットさえも羽のように感じれるまで振り回そうと思っている。暗闇を走る時の棒のように。
 換気抜群の山だけはコロナとは無縁だが、一番張りきっている綿野舞さんが都合で8日の二王子も15日の光兎山も来られなかった。いずれも申し分の無い天気で、綿野舞さんが一緒でなかったのは残念だ。
 今朝、いつもより若干早く家を出ると通勤する義明さんを鉈打峠で追い越した。追い越し際にクラクションを鳴らすといつも片手を挙げて応えてくれる。綿野舞さんが言うように、井伊直弼が暗殺されてもバルチック艦隊を撃破しても、義明さんはいつもどおり自転車で峠を越えて仕事場に行く。

| | コメント (2)

3/15 光兎山 

 綿野舞さんは前日になって都合が悪くなり、和幸は後発して追うという知らせ。今年の雪の少なさは前例なし。ここ十年は夏よりも残雪期に登ることの多かった光兎山だが、この少雪が上でどんな状態なのかと若干不安を持って登り始める。
P1110148 
ところが雪が降り始めて、でもとてもきれいで。予報は晴れ、特に昼頃は全き晴れの予報。
P1110177 
虚空蔵峰の登りで積雪が始まるが太陽は輝き始めて。
P1110203
観音峰に到着。夏山ならここで半分だが、木立に透けて見える雷までの急坂、そしてその後ろの本峰、光兎までは更に急登、雪の具合はどうか、石山さんの顔に不安無し!
P1110216
観音峰から一旦鞍部に下りて、後ろに本峰が控える雷峰に向かう。
P1110235 
硬かったり柔らかかったりして不均一な雪質の急斜面
P1110242 
雷峰直下の登り 。後ろは左が湯蔵山、真ん中が元光兎。
P1110255
雷峰到着。ここでようやく本峰光兎の全貌が見える。 アイゼンを履いてアタック開始。
P1110266
P1110284
本峰への直登。後ろ、真ん中に尖ったのが雷峰。
P1110313
頂上直下、あと一歩。
P3150045

P1110346 
後発の和幸も遅れて到着。
P1110347
朝日連峰の雲が取れてすっきり見えてきた。
P1110352 
P1110380
雷峰まで来てほっと一息。
P1110389 
P1110408
あとは「星屑の町」を歌いながら帰るばかり。暗くなる前にと大急ぎで。

| | コメント (0)

2020 久しぶりの二王子

 二王子熱の高いYは度々一人で来ているが、僕はスノボーを担いで登った以来だから久しぶりの二王子だ。近辺の山に登ることになって、どこでも良いと思っている人間と、二王子が良いと即答できる人間といれば話は簡単なのだ。二王子は飯豊連峰を間近に一望できる山。頂上に着いた途端に目の前に連峰がどんと現れる。この景色が見たくて二王子に登るのだと言う。なんか二王子が可哀そうな気もする。踏み台にされているような感じがしないでもない。千国のラーメンが食べたくて千国に行く、のとは違う。日本海に沈む夕日が見たくて岩ヶ崎に行く、の主役は日本海の夕日。展望台と云うくらいだから、踏み台でいいのか。二王子の気持ちまで考えなくて良いのか。
1時間で一王寺、ここでアイゼンを付ける人が多かった。独標の積雪は240㎝。
P3080594
油こぼしの上に4人のパーティー。僕はこの景色が二王子で一番好きだ。そう言えば二王子も悪い気はしないだろう。
P3080607
油こぼしの登り。帰りはここをシリセードした。
P3080010 
頂上に着く。後ろは五頭山塊、菅名、白山、粟。また柱が角田と弥彦を分けている。
P3080017 
三角峰は鉾立 。飯豊に向かいて言うことなし、の図かも。バドミントンの才はないが、写真の才はあるかもと時々思う。

P3080638 
山に登れる限り青春なのである。こんな青臭いことは老成した人間にはできないことだから。
P3080643 
昨晩ここに幕営した人がちょうど帰るところで、そのテン場にタイミング良く入れてもらった。
P3080653
あとは両手を回して帰るのである。僕は下山する時は三橋美智也の「星屑の町」を人知れず歌うのだ。両手を回して帰ろう 揺れながら 涙の中を たったひとりで やさしかった夢にはぐれず まぶたをとじて帰ろう まだ遠い 赤いともしび
但し、まぶたを閉じることはしない。


| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »