« 2020 久しぶりの二王子 | トップページ | 2020年3月のこと »

2020年3月17日 (火)

3/15 光兎山 

 綿野舞さんは前日になって都合が悪くなり、和幸は後発して追うという知らせ。今年の雪の少なさは前例なし。ここ十年は夏よりも残雪期に登ることの多かった光兎山だが、この少雪が上でどんな状態なのかと若干不安を持って登り始める。
P1110148 
ところが雪が降り始めて、でもとてもきれいで。予報は晴れ、特に昼頃は全き晴れの予報。
P1110177 
虚空蔵峰の登りで積雪が始まるが太陽は輝き始めて。
P1110203
観音峰に到着。夏山ならここで半分だが、木立に透けて見える雷までの急坂、そしてその後ろの本峰、光兎までは更に急登、雪の具合はどうか、石山さんの顔に不安無し!
P1110216
観音峰から一旦鞍部に下りて、後ろに本峰が控える雷峰に向かう。
P1110235 
硬かったり柔らかかったりして不均一な雪質の急斜面
P1110242 
雷峰直下の登り 。後ろは左が湯蔵山、真ん中が元光兎。
P1110255
雷峰到着。ここでようやく本峰光兎の全貌が見える。 アイゼンを履いてアタック開始。
P1110266
P1110284
本峰への直登。後ろ、真ん中に尖ったのが雷峰。
P1110313
頂上直下、あと一歩。
P3150045

P1110346 
後発の和幸も遅れて到着。
P1110347
朝日連峰の雲が取れてすっきり見えてきた。
P1110352 
P1110380
雷峰まで来てほっと一息。
P1110389 
P1110408
あとは「星屑の町」を歌いながら帰るばかり。暗くなる前にと大急ぎで。

|

« 2020 久しぶりの二王子 | トップページ | 2020年3月のこと »

雲の湧く稜線に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020 久しぶりの二王子 | トップページ | 2020年3月のこと »