« 六月の光兎は(下見と公民館登山6/6と) | トップページ | ブログを移しました。 »

2020年6月22日 (月)

鳥海山鳥海湖

 鳥海山は何度目だろうか。近年は登山口を変えて一昨々年は湯ノ台コース、昨年は矢島口から登った。鉾立から登るのは2009年以来11年振りになる。この時は初日に月山に登り、遊佐のキャンプ場に泊って、翌日鳥海に登ったのだが、テント場の夕食時、菊水を飲み飲み調理してくれたIKさんがふつか酔いとなり、吐きながら登ったことは印象的であった。吐きながら登るという文字通りの覇気を発揮したのは2005年8月にAKが朳差に登った時とこの時しか目撃したことがない。若かった彼らを讃えたい。さて、今回は登って登らないノボラーズの担当、頂上は無理なので鳥海湖が望める御浜小屋までと決めてゆっくり、楽しんで登ること第一義。結果、頂上ピストンなら余裕がなくて通らない長坂道、吹浦道の一角を回り道できて、そこがハクサンイチゲに覆われていた。
P1120061 
海を背に登ると長い雪渓登りが始まった。
P1120075_20200622195101 
P6211472
P6211492
御浜小屋に着いて昼食にしていると頂上新山までくっきりと見え始めて。
P1120105_20200622195101 
そして帰途は鳥海湖を見下ろすコースへ。するとハクサンイチゲの花畑が満開で迎えてくれた。登ってノボラーズ冥利に尽きる光景。
P1120122
P1120132_20200622195101
P1120161
P1120157
チングルマも負けじと歓迎
P1120177
感激の鼓動のまま雪渓を下りました。
P1120180
P6211530 
ピークハントばかりが登山でない。これがノボラーズの真骨頂。どんな山にも体力に見合ったコースがあるのが登山の魅力と再認識した山行でした。このあと、道の駅ねむの丘で地魚丼とアイナメのガラ汁。遅くなって食堂が見つからずコンビニで夕食の定番から脱したのも時間に余裕があってからこそ。






|

« 六月の光兎は(下見と公民館登山6/6と) | トップページ | ブログを移しました。 »

雲の湧く稜線に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 六月の光兎は(下見と公民館登山6/6と) | トップページ | ブログを移しました。 »