今日の風景

2019年5月24日 (金)

藤のことを書いておこう

 五月の連休から連休明けにかけて野山に咲く紫の花は藤、桐、タニウツギ。タニウツギが桃色だが、紫にしておく。今年はその花期がやや遅れたようなだが、10日の金曜日の夕方、バドミントンに向かう桃川峠で見た時は既に満開だった。峠の夕方でも満開だと分かるくらい華やかに咲いている。車に乗りながら適当に目で追って数えると30から40本くらいはあったようだ。いろいろな雑木に絡まって、杉の木に絡まって咲く。今大振りの白い花を開いている朴の木に咲く藤もあって、ああ桃川峠は藤峠と呼んで差し支えないのに、そう呼ばないのは、こういう風景がここに限らずどこにでもあるからだろうと。

| | コメント (0)

2019年1月13日 (日)

 Tの家の柿の木は道路端にあるので、毎日見るともなく見ている。やけに実が残っているなと思ったが、車で通り過ぎる瞬間に沢山の小鳥がバッと飛んで、残った柿はそんなに多くなかった。それで、なんであの柿は実が落ちないで、萎んだまま木に付いているのか。普通の柿ならとうに落ちているのにと。どんな柿だったか思い出そうとしても思い出せず、だれがいつ植えたのかなどとも考えたが、考えて分かることでもない。とにかく梯子や脚立を立てて柿を捥ぐ人がTも含めて彼の家にはいなくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

除雪

 父を乗せて病院に行く途中、Yさんが家の前の雪をスコップで一輪車に載せ、道路を横断して用水路に投げ込む作業をしているのを見かけた。晴れた日の除雪は暇人にとって恰好の暇潰しになる。家と家の間が狭い集落では先を争うように雪いじりに精を出すのが慣例だ。家周りの雪をほおっておけば怠け者のレッテルを張られかねない。
 これも以前に書いたが、Yさんはマラソンを始めるきっかけを作ってくれた人だ。その概略は、駅伝の夜間練習で彼のランニングの伴走を車ですることが度々あったが、あんまり遅いので轢きそうになることなどもあり、これならまだ自分の方が速いのではないかと選手になったのがランニングの始まりなのである。駅伝からマラソンに転向して久しいが、もし彼の伴走をしなかったらマラソンとも無縁だったかもしれない。
 帰途、Yさんはまだ一輪車を押していた。玄関前の雪はとうになくなって、家の脇から一輪車は出てきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

積雪計

  しばらく大雪の日が続いたので、ここ数日の好天は有り難い。毎日沢山の雪を背負っていた、歴史館の中庭の積雪計の牛も今朝見ればその荷を下して一段落、ほっとしている様子だ。
Img_0001
  昨日(金曜)は午前中は父の通院の付き添い。それから昼のバドミントンに行き、その足でスキー場に向かう。ボードの技術もなかなか向上しないので、今度また講習を受けてみようと思って帰ってくる。暗くならないうちにと、竹伐り。明日の「塞の神祭」に使う竹三本をスノーシューを履いて竹藪から切り出す。仕事で手伝えないので今日のうちに用意しておく。それからパルパークに行ってランニング、引き続きバドミントン教室。バドミントン、ボード、ランニングが娯楽だとすると、随分享楽的に生きていることになる。しかし何度も書くけれど修行である。ならばそろそろ開眼もし、なにかしらの悟りを得ようものだけれど、そんな兆しすらないので、もしかすると修行でなく、娯楽でないかと思いかけている。それを牛の背中に問うのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 4日 (日)

2018年三月の最初の週末

 昔近しかった人に自分の近況を伝えるのは義務だと思っている。
 3日、土曜日、佐藤医院に父を連れていき、施設に戻し、その足で癒し庵に行く。家で昼食をとった後、わかぶなに向かう。2時間くらいと思っていたが、結局最後まで滑る。それだけ天気が良かったのだが、雪は滑らない。日の当たらない木陰になった場所は滑るので、明日も晴れなら午前中に来よう。帰途ガソリンスタンドで給油、出てきた渡辺さんにルーフボックスを乗せた車は洗車機で洗車できるのかと聞くとできないという回答。それで帰ってから自分で洗車、単なる水洗い。4時半過ぎにドームに行って、それから高坪に行くつもりでいたが、体が怠く眠気もしてくる。しかし、このまま眠るとぐだぐたになると分かっているので、せめて高坪には今日行こうと決めて車に乗る。施設内でインフルエンザが流行って、昨日まで三週間面会ができなかったから。三週間分伸びた母の髭を剃る。そしてアコスで買い物。火曜日の阿賀北山岳会の旅行のおやつと飲み物。9名分なので二度に分けて買う。家に戻り、そのおやつを9つの袋に分けるうちに眠気と怠さは失せた。
 4日、日曜日、ぐずくずしているうちに出発が遅れ、滑り始めは10時近くになっていた。昼に近づくと雪が柔らなくなって、案の定滑りが悪くなる。滑らない時こそ上級者コースに挑戦するチャンスじゃないかと昨日も最後は第三リフトに乗ったのだが、上から覗くとやはり怖くて尻尾を巻いて逃げてきた。今季は一度もチャレンジせず、昨シーズンもしたかどうか定かでないが、いつまでも敬遠できない。転がり落ちるのは目に見えているが、幸い滑っている人は少ない。攻めの気持ちで、と念じて最初は真ん中二本、次に右一本、それから左一本、また真ん中と立て続けに滑る、というか転ぶうちに、ついに転ばず滑りきることができた。まぐれでないことを確かめるためにまた一本と。調子に乗ってもっと滑るべきだったのかもしれないが、また今日も走らないというわけにはいかないので、1時過ぎに止めてドームで走る。結構疲れたので30分でもと思っていたが、なんとか10キロ、最低のノルマをこなす。セブンに寄って父の通販、世田谷グルコサミンの支払い。家に着くと犬小屋から出てきて、珍しく出迎え。私の顔をしきりに見ているので、今買ってきた濃厚チーズリングを口元に差し出すと、しきりに嗅いで毒でないかどうか思案していたが、ひとつ食べると次々と食べる。際限がないので途中で止める。ついでに壁打ち30分、その間は小屋から一度も顔を見せなかった。
Img_1392

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月17日 (土)

かりんとう

 昨日今日とは免れたが、毎日四時半とか五時に起きて除雪している。除雪しなければ車が出られないし、夜入ってこれない。朝きれいに除雪しても夜には車の腹がつかえるくらい積もっている。夜除雪しても夜間にまた積もるので夜は除雪はしない。こうして毎日30㎝40㎝と降って、そのまま足し算で積もればすべての家は雪に埋まる計算だが、新たに積もる雪がそれまでの雪を押しつぶすので埋もれないで済んでいる。
 これまで除雪を担当していた父は年末から村内の施設に入って快適に暮らしている。三食もおいしく完食し、更に腹も減るというのでかりんとうを持って施設に行くのが私の常だ。かりんとうは本人のリクエストだ。内科と泌尿器科と眼科の通院は私が連れていく。それが父にとっての外出に当たる。車の中でなら耳の遠い父に合わせて大声を出しても周りの迷惑にならない。昨日は眼科、帰途コンビニに寄って肉まんとかりんとうを買う。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月27日 (土)

メダリストの一月

  毎日除雪に追われている。帰宅してから、あるいは早朝。今朝も5時から始めたが、除雪機のトラブルもあって二時間もかかり、朝食は抜いて出勤した。ランニング、今月まだ二回しか走っていない。理由のひとつはこの大雪である。あるいはまた父の通院、あるいはその他諸々。メダリストの怠惰、余裕と推察もされようが、ボードもまだ二回しか行っていないことからして、いつもと違う一月。
 
 さて、綿野舞さんが僕の三位入賞メダルリストの光栄を広報担当に知らせてくれたお蔭で、どうやら来月号の広報に掲載されそうだ。もしや写真を撮りにくるかとも思ってメダルは車の中に入れておいた。表紙(カラー)を飾るようなことになったら、ジャージでなくランパンとランニングシャツ姿でメダルを掛けた方が良いだろうとあれこれ考えていたが、担当からの電話はなく、本日文化財の消防訓練に来た彼に思い切って聞いてみたら写真掲載の予定はないということだ。僕はひっそりとメダルを車から引き上げるだろう。

 才能もあり努力も惜しまなかったら一流のバイオリストになれたのにと蟋蟀の冬。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 3日 (水)

限りなく降る雪何をもたらすや(西東三鬼)

 昨日2日に戻った母を今日午後送り出してから集落全戸15軒に塞ノ神祭のチラシを配る。道路から玄関までの間に足跡の無い家が一軒。私の家も含めて16戸のうち跡取りがいるのは7軒、もう半世紀は待たないで半数以下になる。雪はしんしんと降り、午前中2時間もかけて除雪した家の周りに母を迎えに来た施設の車が残したタイヤの跡も消えていく。そして、それから分家の叔母が持ってきてくれて母が食べ残した干し柿を持って父の居る施設に向かう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 3日 (日)

行き先は修正しながら進むしかない

 入院前検査と入院の間の先週の土曜日は目を覚ますと7時半だった。母が倒れてから11年余り目覚ましを掛けずに眠ったのは初めてかもしれない。インテリは10時間は寝ないとだめだ、そうでないと天啓みたいな閃きがない、というのが持論だったので、インテリ生活は遠のいた。
 父のこと、車の修理、年末の書類、仕事も出張が重なっている時にラインが使えなくなった。悪い天気が続くとはこういうことだと納得したが、連絡が不便なので、日産に行く用事のついでに思い切ってドコモに寄ったが、解決しなかった。それからまた数日我慢してクライミングの日に綿野舞さんに見てもらったら、あっさり直った。電源を一回切っただけで回復したと言う。ドコモの店員と替わってほしい。彼女がクライミングに来たからには、足上げたら手を伸ばして、どこに足を乗せたら手が届くか、頭も使いましょうと、容易にはテンションしないであろう。
 代車はマーチ、三月あるいは行進の意味、行き先は修正しながら進むしかないの意味。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 3日 (金)

パソコンを替える

店の人に新しく買ったパソコンに今のパソコンの情報を移してもらうの一週間掛かり、ネットにつなげるのに2日掛かった。この2日の間に課長と隣の同僚と群馬の小熊ちゃんから適切なアドバイスをもらい、今こうして初めて新しいパソコンでブログを更新しているが、ひらがな打ちさえできず、たどたどしくもどかしい。また画像の書き出しも分からないので写真もアップできない。今日はここまで・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧