また山かと人の言う

2009年10月13日 (火)

私らが似合うのです

 僕が昔の友達に、東京にいた時に知り合った友人たちにしてあげられることは、朝日や飯豊の山を案内することぐらいかな。A見、M井、H先生、Мさん、Kさん、山登りに目覚めたら僕を訪ねなさい。僕の家なら何泊でも可。みんなでその、どんな感傷も許される場所に行ってみましょう。但し諸君、山登りに目覚めるには人生大学で152単位取得、かつ哀切なる屈託を二十年以上胸の奥で発酵させないと資格もないのです。だからおそらく貴君らが訪れる機会は無いのであって、しかしむしろそれが幸福の証、どんな感傷も云々の場所へはむしろ不幸をかこった私らが似合うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)