雷峰手前で三先生にお会いした。洒脱な会話に酔わされて頂上に向かう。藤沢林道への尾根下りを頓挫して戻ると静かな山頂が待っていた。ひとりで来る光兎はいつもほろ苦い。