アンテナが林立し観光客で賑やかな山。その観光客の一人として十数年前に確かに来たことを思い出した。そして、多宝山の名を知らずに反対側にある山を見たことを覚えている。