ニッコウキスゲの咲く七月の上旬に訪れたいとずっと思っていたが、ニッコウキスゲの咲く時期を過ぎた野反湖には思いがけず沢山の花があり、私の心を慰めた。野反湖に来た限りは白砂山にも登りたいところだが、今回はそれも見送ってエビ山にした。エビ山に登らなければエビ山は語れない。山は、人は、そういうものだ。写真の花はマルバダケブキ、こんな群生は初めて見た。詳しくは「綿野舞」参照。