同行4人 日帰りの山で鷲ヶ巣山は最も大変なうちのひとつだろう。2007年に行った時には登りに6時間30分も掛かったので、今回はそれより1時間早く登り始め休憩もたいしてとらずに歩いたが結局同じ時間が掛かった。前回よりは夏道で歩ける場所が少なく、急斜面ではキックステップでの一歩一歩であったし、トラバースにも時間が掛かった。新潟「駒の会」の古稀を二つ過ぎたという男性と一緒になった。単独行である。いろいろためになるお話を伺った。この日は彼と私らだけ。詳しくは「綿野舞」参照のこと。または「KAZUの山旅」参照。