同行42人 時々日が射して雨具を脱ぐような時間もあったが、ずっと小雨、霧雨でお釜を見ることはついぞなかった。行きも帰りもガスの中に隠れていた。花の最盛期は梅雨に当たる。花を見るためにこの時期を選んだのだから仕方ない。ハクサンチドリ、ミヤマオダマキ、コマクサ、オノエラン、ヒナザクラ、ハエトリスミレ、ミネズオウ、アオノツガザクラ、コイワカガミ、そして写真のミヤマオダマキ・・・短い夏だけに咲く花は期待した以上に多かった。.詳しくは「綿野舞」参照。