我々にとっては厳しい山行になった。松ノ木沢ノ頭からその先を見て、そこまでとしたYの判断は正しく、そのお蔭で三人が頂に立てたとも言える。詳しくは「綿野舞」参照